得か損かは実質家賃で分かる

実際にその住宅を買って、損なのか得なのかはどのように
したら判断できるのだろうか。結論としては、不動産の相場
が今後どのように動くのかを予測できない以上、分からない
というのが正確だ。それでも、大まかな目安を見て判断したいというなら、つぎのような寄賓家賃という考え方を取り入れてみよう。
実質家賃とは、住宅を売買したり維持するコスト、住宅ロlンの返済負担、住宅価格の
値動きなどを考慮して計算する。住宅を購入し、ある期間にわたりその住宅に居住し、最
終的には誰かに売却すると考えたときに、全体にかかったコストを計算し、そのコストを
居住した期間で割れば、その期間その家を借りていたと考えた場合の実質的な家賃に相当
する金額を計算することができる。具体的には購入から売却までにかかる累積コストに住
宅ロlンの残債を加え、不動産の売却によって得られる金額を差し引き、その結果を保有
期間で割ることで、保有期間中の実質的な家賃は計算できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です