人口減少時代でも住宅を買ったほうがいいワケ

ここまで不動産市場に関係するさまざまなデlタを見てきたが、ここで一度まとめてお
こ、つ。
-人口の減少は続くことが確実であり、不動産価格は下落傾向が続くものと考えられる0
.世帯数が減少に転じた後も、住宅の供給過剰は解消されず空き家率は上昇すると考え
られる。-駅に近い地域や利便性の高い地域、ブランド力の高い地域は値下がりしにくい。逆に
駅から遠かったり、利便性の低い地域は激しく値下がりする。この傾向は地方や郊外
はもちろんだが、大都市圏も例外ではないと思われる。

-家賃の下落スピードよりも、地価の下落スピードのほうが速いと考えられる。どれも不動産を買うには否定的なデlタばかりに見える。ところが、そうではないので
ある。もう一度思い出してもらいたいのが、金銭的に見て住宅を借りるより買ったほうが
いいと言える条件だ。住宅を借りたときの実際の家賃よりも、住宅を買ったときの実質的
な家賃が安くなるときだった。
購入しようと思っていた家が3000万円するとしよう。待っているうちに相場が下が
ったり、値引き交渉に成功して2500万円で買えたならば、実質家賃をずっと低く抑え
ることができる。しかも、不動産が下落するときは通常は金利が低いので、なおさら実質
家賃が下がる。つまり、家賃は下がりにくいが、不動産価格は下がりゃすいという特徴を
上手に活用できれば、人口減少時代であっても買ったほうがトクという条件をつくること
ができるのだ。もちろん、購入した後にもドンドン物件価格が下がってしまえば実質家賃は上がってし
まう。それを考えると、不動産価格が下がりにくい条件の物件を手に入れたい。不動産価
格が下がりにくい物件を安く買うなんて、一見難しそうな話だ。どのようにしたら実現で
きるのか、次章以降で考えていこう。家 無料査定をお考えなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です